国際居住年記念事業

国際居住年

 

Concept

国際居住年とは

 国際連合は1982年の第37回総会において、1987年を国際居住年(International Year of Shelter for the Homeless:略称IYSH)とすることを決議しました。国際居住年は国際連合の総会の決議による“国際年”です。国際年とは、政治、経済、社会、文化、人権等の各分野において、世界の多くの国が関心を有し、かつ優先的に解決されるべき世界的な問題について、その解決に向けて国際的に取り組むことを目的に設定されるものです。国際居住年は、開発途上国等の劣悪な居住環境の改善を促進することを主目的として設定されたもので、国連決議においても「西暦2000年までの長期的展望に立って、世界各国、特に開発途上国において、それぞれ当面する貧困層の劣悪な住居及び居住環境を順次改善していくとともに貧困層全体の居住問題に関する実際的な解決方法を見出すこと」が目的とされています。

 

 

New Topics

2022.09.12
・令和4年度国際居住年記念賞等受賞者の公募について(PDF)
・自薦書(xlsx)
 
 
2022.07.22
令和3年度国際居住年記念賞の受賞者について(PDF)